文化部-地方文化館
繁體中文 ENGLISH
ページトップへ | ご意見箱

這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

Local Culture Museum Menu
Local Culture Museum Map

這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

 
はじめ - 地方文化館
文化部(以前のために文化建設委員會)は民國83年(1994年)から「まちづくり」を推進、現地の住民がボトムアップの方式で自発的に社會開発事業に參與するよう奨勵していると共に、地方の文化の発展を促す一連の計畫も打ち出しています。その目的は都會と地方の格差を縮め、地方の特色を生かすためです。コミュニティー開発はその土地の価値を追求しており、「地方に権限を授與する」という精神の下、文化建設の集中化を迴避、その土地に根を下ろすことをモットーにしています。文化部が民國91年(2002年)から推進している、「地方文化館計畫」はコミュニティー開発政策の精神の延長です。文化部はその後の民國97年(2008年)に再び「地方文化館第二段階計畫」を打ち出し、コミュニティーの人文的な資源、地方のクリエーション及び產業とを結合して、共に「地方文化生活圏」を建設し、地方文化館の機能向上のために新たな一ページを切り開きました。

第一段階の成果
地方文化館を効果的に利用することでその設立目標を達成し、文化を地方に根を下ろし、國民全體の文化に対するニーズを満足させることは、當會が常に関心を寄せていることです。この計畫にはまだ改善が待たれるところがあるかもしれませんが、この計畫が民國91年(2002年)から実施に移された後、すでに段階的に複數の成果をあげました。
(一)放置空間の再生:59%以上の博物館や文化施設などは設立當初の目的と計畫が文化のためではありませんでした。例えば、古い工場、校舎、住宅、オフィスなどは社會の変遷、及び人口構造の変化により放置されるのがよくあります。この計畫は各地の放置空間に再生の機會を與えています。しかも大多數のものがリフォームされた後、常時オープンされています。
(二)文化教育の機能を発揮:台灣各地に散在する地方文化館は現地の芸術、文化の推進、及び文化面におけるイメージアップに大いに役立ち、重要な文化教育の機能も発揮しています。例えば、社會教育の教室、コミュニティーの芸術、文化活動の會場、及びサービスを提供するプラットホーム、各地の文化面における創意を喚起すること、専門的な指導の継続、観光資源として建設することなど、その機能が様々です。
(三)地方の文化に拠點を提供:この計畫では各文化館の運営に參與する人たちが創意を生かし、各地方文化館を多元的な特色を持ち、しかも、現地住民にとって最も身近な生活上の文化的な拠點として建設するよう奨勵しています。 (四)地方文化のパワーを知らしめる:各館の経費と人的資源が限られていますが、大多數の経営者は依然として積極的に取り組み、地方文化館の経営を通じて現地の思い出、以前の生活空間を殘し、そして更に一歩進んで現地の文化のパワーを作り出し、それを知らしめるよう努力しています。
(五)地方の生活品質の向上:台灣の社會発展は短くて速いため、人々の美的素養と社會化の基礎が足りません。しかし、各文化館の建設によって文化と民眾との距離が縮められ、各地民眾の參與の度合いも高められています。とはいっても、民眾の文化に対するニーズを満足させるため、今後も長期間にわたって引き続き努力する必要があります。

一部の文化館は地理的な位置、その性質、人的資源などの原因で使用率が過度に低くなっており、成果が上がらないのではないだろうかと誤解されることがあります。このような指摘をした際、地方文化館建設計畫の目標は現地住民との交流を促進、コミュニティーに対する共通認識を得ることにあることを考慮に入れていないだけではなく、多くの小さくて完備したコミュニティー型地方文化館の機能とその性質は現地住民の日常生活に基づくもので、その位置づけは外來の參観者の引き付けが最重要な目的ではないことも忘れたでしょう。

そのため、當會は地方文化館第二段階計畫(民國97年~102年、2006年~2013年)を提出、「芸術、人文、生活、創意、學習」を目標に現地住民の參與を求めています。同計畫では各地の文化館、文化活動の拠點を地方文化ネットワークとして統合し、一つの文化生活圏を構築しようとしています。

地方文化館の未來-地方文化生活圏
 第一段階(民國91年~96年、2002年~2007年)の指導を経て、現地住民の共通認識、故郷とコミュニティーに対する関心と求心力が得られました。この力を更に一歩進んで地方の文化の発展を促す原動力として生かすべきです。それと同時に地方の文化活動の拠點の充実と改善を通じて全體を「地方文化生活圏」として建設し、地方の文化の発展のために良好な環境を作ります。この目標を達成するため、地方文化館第二段階の計畫が二つの方向に向けて進められています。第一は県と市に屬する重要な地方文化館、第二は文化生活圏の統合に関する提案です。

「文化生活圏」のコンセプトは文化を日常生活に溶け込むことです。つまり、各地の住民が普段行っている性質の異なる文化活動を範囲として一つの文化生活圏を構築し、人(住民の參與)、文(文化活動)、地(生態環境保護)、景(大自然と歴史的な景観)、產(地方の產業)、物(文化と教育施設)などの異なる要素を結合します。その主な目的は區域內の有形と無形の文化資源を統合し、各文化生活圏の住民が文化資源を取得する際の利便性に対するニーズを満足させ、各地の住民が平等に文化資源を享受でき、文化活動の拠點に対する民眾のニーズを満たし、文化活動への參與を強化し、文化的素養を高めることにあります。

結び
文化は長期的な學習を繰り返すプロセスです。行政院文化部は過去の各種政策を執行した際の成果の基礎の下、「地方文化生活圏」という地區の発展を促すコンセプトを出発點として、「地方文化館第二段階計畫」、及び「新たな故郷コミュニティー第二段階建設計畫」を二大主軸とする計畫を打ち出しました。「地方文化館第二段階計畫」で推進されている文化生活圏は、単一拠點を建設する各県と市のこれまでの考え方から脫卻して各地の區域的な発展政策に合わせて、各県と市に中長期の建設計畫を出してもらいます。地方の文化活動の拠點と人的資源の統合を通じて、地方の文化的な環境を構築、または再構築し、文化面全體のレベルアップを図り、各地の多元的な特色を示そうとしています。これによって文化建設が地方に根を下ろし、地方を、國家の発展全體を更に強固にする基礎として建設し、文化を、社會に活気と活力をもたらす一種の獨立した力として発展させるよう努力しています。

 

文化部  
著作権 © 2011 台湾文化部當サイトの著作権は文化部に帰屬します
住所:新北市新荘区中平路439号南棟13F
電話番号:+886-2-8512-6000