文化部-地方文化館
繁體中文 ENGLISH
ページトップへ | ご意見箱

這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

Local Culture Museum Menu
Local Culture Museum Map

這個頁面上的內容需要較新版本的 Adobe Flash Player。

取得 Adobe Flash Player

 
地方文化館
關於本館

牯嶺街小劇場(Guling Street Avant-Garde Theatre)


上一頁下一頁

特色の紹介
日本統治時代(1906年)に日本の憲兵分隊所として建てられました。1945年に国民政府が接収、台北市警察局「第七分局」となり、1954年には3階建てに増築されました。1993年まで、行政区画法の調整に合わせ、名称は「古亭分局」、「中正二分局」と変更されました。1階の劇場後方には三つの「拘留室」が現存し、「記念性建築物」の名に相応しいものとなっています。ここは、近隣の角ばった建物と異なり、正門は西北に向き、周辺に現れるかもしれないすべての脅威に目を光らせる、「殖民帝国」の「監視の目」となっていました。台湾の祖国復帰後も、長い間、警察局として小規模ながら国家権力の具体的な象徴としての役割を担いました。


1995年に警察局が移転した後、「小劇場連盟」という劇場関係者による団体が台北市政府に対して劇場としての使用を要求、これにより、新たな劇場スペース(当初の名称は「中正二分局派出所小劇場」)が1998年に誕生したのです。2001年には、「牯嶺街小劇場」に改名されました。当時の政府が推進した、「未使用スペース利用政策」の下で、劇場として利用されるようになった初めてのケースでした。


2005年に「身体気象館」が経営を引き受けてからは総合的な文化の流れに対する小劇場の影響とあり方を慎重に思索、劇場を「前衛的な舞台芸術」、「実験的な芸術クロスーバー」、「革新的な形式芸術」へと位置づけました。そして存在を徐々に安定させると共に、時代的精神の集合と交流、発信を促進することで、文化の公共性を示しています。 今、牯嶺街小劇場は国内外の劇場関係者が集めた「心」となり、文化と芸術の共生と融合に向けての創意の具体的な拠点としてアジアに名を馳せています。



バス:1番コースのバス【牯嶺街小劇場駅】で下車 MRT台北新交通システム:中正記念堂駅-南門市場の出口を出て、南海路に沿って重慶南路の方向に歩く。徒歩約5分で到着。

參觀資訊
地方文化館: 牯嶺街小劇場(Guling Street Avant-Garde Theatre)
Open: 火曜日から日曜日 午前10時から午後10時まで/休場日:月曜日。臨時での休場日は公式HPで告知。
料金: 1階ロビーと展示エリアは無料。公演・活動スペース三つ:1階 実験劇場、2階 芸術文化スペース、3階 練習場。団体や個人の使用に貸し出すため、公演や活動の入場料は主催者によって決められ、告知される。
Tel: (02) 2391-9393
場所: 台北市中正区牯嶺街5巷2号
文化部  
著作権 © 2011 台湾文化部當サイトの著作権は文化部に帰屬します
住所:新北市新荘区中平路439号南棟13F
電話番号:+886-2-8512-6000